ソウル・サクリファイス

モンハンを期待すると違いに驚かされるかも知れません。決して二番煎じではない、十分なオリジナリティがあると評価できます。
最大の違いは重厚なストーリーですな…設定含めかなり読むことになるのですがこれがかなりクオリティが高い。グロいテイストを辛いと思われる方もいるかと思いますが最後まで読んで頂ければそれが演出の1手段に過ぎないことが分かります。大作RPG並の質を持ってると言っていいかと。

ゲームルール的には…武器の種類が多く、かつ基本6種類同時に装備できること、モンハン以上に属性攻撃が重要になって来ることもあいまってかなり違う感覚があります…戦略的に動けばしっかり戦闘に反映する手応えが楽しい。一見手裏剣投げてりゃ進むんですがちょうどクリア、というタイミングで通用しなくなったりと…反射に頼るのではなくしっかり考えてプレイすることが要求されかつそれが効果となる、と…ゲームとしちゃやっぱこっちの方が楽しいなぁ…
ただし装備によって外見が変わることがない複雑なスキル組みが要求されない、等自キャラを作る楽しみ、という意味ではモンハンの方が上ですな。多少寂しく思う方はいるやも…そういう意味も込めてモンハンやるつもりでプレイはしない方がいいかと。

欲を言えば敵のパターンが少ないかと…アップデートしないと亜種をカウントしないと10種類ぐらいしか魔物がいないんじゃなかろか…逆にプレイをパターン化し易いので攻略の手応えに繋がってる部分はあるのですが…続編デルタは言わばボリュームアップ版らしいのですが散々やった今からもう1本買いたくない、という気持ちは確かに有り。